認知症改善にオメガ3脂肪酸

認知症に悩む人は世界的に増え続けていて、これは今後も高齢化に従って増加することが予測されています。

その中で注目を集めているのが、魚に含まれる脂肪酸で、これらには脳の働きを改善する効果があると考えられています。

マグロや、サバ、イワシなどの青魚、そして貝類などに含まれるDHAやEPAと言われるオメガ3脂肪酸は、血液の中の悪性コレステロールを分解して排出し、血液の流れを良くするため、動脈硬化を予防する作用があります。

そして、脳への血流を良くする作用があるために、脳の機能の活性化を促して学習能力や情報伝達能力などの向上を促す作用が期待されちます。

脳には有害なものを入れないためのフィルターがありますが、DHAはこのフィルターを通過することができる数少ない物質で、脳内の神経伝達物質の量を増やすためにも有効とされています。脳の7割は脂肪で出来ているので、ここに働きかけることのできる脂肪酸は非常に脳の活性化に有効なのです。

オメガ3脂肪酸は、基本的に生で摂取した方が良いとされています。加熱によって失われてしまったり、油脂分が落ちてしまうからです。調理する際は、煮るなどまるごと油分を取る方法が良いとされています。

できれば寿司や刺身のような形で生で魚を食べるスタイルがこうしたオメガ3脂肪酸の認知症サプリ摂取には有効です。そう考えると、和食は非常にオメガ3脂肪酸を摂取するのに良いスタイルの食事であり、日本人は頭がいいと国際的には考えられていますが、こうした食生活も一因なのかもしれませんね。

images (1)

エステサロン「レイア」について

⑭銀座のエステサロン レイアについて

銀座のエステサロン「レイア」は、痩身、美肌、ブライダルエステ専門のメディカルエステサロンです。

エステの技とクリニックの技術を融合させることで、顧客満足度が高いサービスを提供しています。

銀座のエステサロン「レイア」には、シデスコ国際ライセンスを取得したエステティシャンが多数いるため、その技術力の高さには定評があります。

サイズダウン、体重を減らす、部分痩せ、速攻痩せ、など一人一人の悩みや目的に応えるために、「インドマッサージコース」、「バランススリムコース」、「ミネラルウェイトダウンコース」、「ミネラルサイズダウンコース」、「レッグスレンダーコース」、「部分集中スリムコース」、「セルライトケアコース」、「脂肪燃焼コース」、「ホットケアコース(冬用トリートメント)」、「クールケアコース(夏用トリートメント)」などたくさんのコースを用意しています。

これらの中でも、「インドマッサージコース」は非常に人気の高いコースとなっています。
ヒートマット、インドマッサージ、EMSなど、最新の機器と熟練エステティシャンのハンドマッサージの技を上手に組み合わせることで、新陳代謝を促進し、運動だけではなかなかアプローチできない深層筋肉を刺激することができますので、太りにくい、引き締まった体へと導いていきます。

銀座のエステサロン「レイア」では、看板メニューである「インドマッサージ」を一人でも多くの方に体験してもらいたいために、インドマッサージコーストライアルキャンペーンを実施しています。

70分のコースで、通常18,900円のところ、7,350円で受けることができます。

すぐにでも痩せたい方、短期間で結果を出したい方、銀座のエステサロン「レイア」のサービスを体験してみたい方は、ぜひトライアルを試してみてはいかがでしょうか。

がんの予防に青汁が良いの?

厚生労働省の「人口動態統計」平成24年版によると、日本人の悪性新生物(がん)による死亡者総数は360,963人となっており、人口10万人あたりの死亡率は286.6人にものぼるそうです。がんは、昭和56年に脳血管疾患の死亡率を上回って以来、ずっと死因別死亡率のトップとなっている病気で、現在もその数は増えていると言われています。

がんについては、治療技術は年々進歩しており、それなりの治療法や対策も研究でわかってきてはいますが、いまだ決定打といえるようなものは無いため、基本的には予防が大切で、そして発症後は早期発見早期治療が大事であると言われています。

がんの原因になるのは、発がん物質の摂取や、B型・C型肝炎などのウイルス感染、放射線照射、 紫外線(皮膚がんなど)などというのはほぼ確かだと言われています。

発がん物質と呼ばれるものは、人間のDNAを傷つけ、異常な細胞が増殖するためにそのような名前が付けられており、最近名前をよく見るようになった「活性酸素」もDNAを傷つける発がん物質のひとつと考えられています。人間には「免疫系」という自己防衛システムが備わっているのですが、この免疫系が弱まってくるとがんにかかる可能性が高まってしまいます。逆に、免疫力が本来の健康な状態なら、仮にがん細胞が発生してもそれを殺滅することができると言われています。この免疫力は体の酸化によって低下していくので、活性酸素を無害化するために抗酸化物質が有効だと考えられるようになり、注目を集めるようになりました。

こうした抗酸化物質は青汁に多く含まれていて、それだけではなく、青汁には野菜に多く含まれるビタミンA・C・Eも豊富に含み、これらもまた抗酸化作用が強く、がん予防に欠かせない栄養素と言われています。

青汁はこれらの栄養素が互いに効果を高めるように成分がバランスよく配合されていて、製法にも工夫が施されているので、摂取を続けることでがん予防に有効な効果が出てくるだろうと期待されています。

夏太りに注意しなければいけない人

夏太りに関して言えば、なりやすい人とそうでない人の2タイプに分けられます。では、この両者の違いは一体何でしょうか?実際のところ、毎年夏太りが悩みの種となっている人もいれば、これまで一度も経験したことがないという人もいます。この違いは水分の摂り方から来ているようです。

ダイエットを成功させたいなら、水分をどんどん摂りましょう。しかし、たくさん飲めば飲むほどよいというわけでもありません。水分の摂取方法としては、午前中にたくさん飲むようにし、午後からは飲むのを控えるようにします。午後に大量の水分を摂取しまった場合、むくみの原因に繋がる可能性があります。

ちなみに、1日当たりの水分摂取量の目安は2リットル程度とされています。水分摂取量を把握できていない人は、しっかり確認しておきましょう。それから、暑い夏には冷たい食べ物や飲み物につい手が伸びがちです。これらにより内臓が冷やされると、最終的に太りやすい体質を招いてしまいます。

そこで、夏太りを防ぐためにも、あまり冷たいモノに手を出さないようにしましょう。特に、筋肉量が少ない人は夏太りのリスクがあります。夏が始まる前に、筋肉を増やすための運動を行っておくようにしましょう。もちろん、夏太り解消には筋トレや運動も有効です。体を動かす機会を増やすために、自分自身でも最大限の努力をしましょう。エアコンの設定温度を見直すなどして、くれぐれも体の冷やしすぎには注意しましょう。

低カロリーな海麗はコラーゲンドリンク

数あるコラーゲンドリンクのなかでも品質が良いと評判のなのが『海麗(かいれい)』といコラーゲンドリンクです。冷凍食品や水産食品を製造・販売しているニッスイから販売されていて、5000のコラーゲンが含まれています。一日に必要なコラーゲンの量は5000なのでその量をこれ1本で補うことができます。

コラーゲンは牛や豚などの動物から抽出されますが、海麗は魚から抽出されるコラーゲンを使っていて、これにより、動物から取れるコラーゲンドリンクよりも美肌に効果があると言われています。また、海麗は水産食品を製造しているニッスイが販売しているため、加工技術には自信があり、美容成分が豊富に含まれているコラーゲンドリンクになっています。

また、コラーゲンを効率的に体内に取り込むことができるようにも工夫しました。この海麗には美容に効く成分がたくさん含まれています。例えばコラーゲンが多く含まれているフカヒレから抽出したエキス、コラーゲンと相性が良いビタミンC、ビタミンB2やビタミンB6などが含まれています。

コラーゲンドリンクは毎日継続して飲むものなので味も美味しくなければいけません。海麗ではミックスフルーツジュースのような味がするため、美味しいという声が数多く寄せられています。リンゴの果汁やオレンジの果汁を使っているため、飲みやすいのが特徴です。

これらのおかげで、コラーゲン独特の匂いが軽減されています。カロリーにも気を使い、30キロカロリーと低カロリーなのも魅力です。ダイエットしている方にもおすすめのコラーゲンドリンクとなっています。このように美肌に効果があり、飲みやすい海麗を一度試してみませんか?

脂肪肝とはどんな状態なのか?

脂肪肝という状態を皆さんはご存知ですか?文字とおり、脂肪が肝細胞の内部に多く蓄積した状態のことを指します。これはもちろん、通常の肥満など、脂肪が多く蓄積される症状と同じく、糖分や脂質の摂取過剰や、アルコールの飲みすぎが原因となって肝臓にコレステロールや中性脂肪などがたまってしまうことによって生じます。簡単に言えば、肝臓が肥満になった状態です。

もし中性脂肪が皮下や内臓に溜まれば、それは肥満となり見た目でも判別が可能なのですが、肝臓に中性脂肪が溜まってしまう脂肪肝の場合は、見た目には表れないので判別することが難しいです。それゆえ、発見や対応が遅れることがしばしばあります。

健康だからといって脂肪が肝臓にないのではなく、常に肝臓は3~5%程度の脂肪を持っているもので、ただ5%を超えてしまった場合には脂肪肝臓と称されるようになります。

また、ひとつの基準として、脂肪が肝細胞の30%を超えた場合には脂肪肝とみなされるようになります。とは言っても、脂肪肝は目に見えないし、その状態になったとしても特に自覚症状もないので気付きにくいのです。

肝臓は、「沈黙の臓器」といわれるほど、その状態を体に対して訴えかけてはくれませんし、異常の発見が難しいです。というのは、肝臓が仮にダメージを受けいたとしても、残りの細胞が働いてくれるために何かが生じているということが把握しにくいからです。傍目には健康そのもの。肝臓の異常に気付いたときにはすでに遅く、その症状が進行しまっていることも少なくありません。ですから、定期的な検査によって少しでも肝臓の状態を把握しておくことが大切なことになります。

脂肪肝そのものが大きな疾患ということではないのですが、肝臓の機能がうまく機能しない状態になってしまうと、肝硬変や動脈硬化、生活主管病などの病気に発展する場合もありますし、脂肪がつけば体が動きにくく、動かすことが負担になるように、やはり脂肪肝もそういった状態であることは留意が必要です。

この脂肪肝は、年代で言えば30代から発症し始める人が現れ始め、70代頃まで見られます。男性は、40歳前後、女性は40歳以降に発症が急激に増えます。総じて、男性のほうが、女性よりも脂肪肝になりやすい傾向があります。これは食事や運動のバランスが崩れたり、ホルモンバランスの変化によって筋肉量が落ち始めるからと考えられます。

肝臓の機能が正常に保たれるには、脂肪がたまらないようにしてあげることが重要で、そのためにはアルコールの過剰摂取や脂っこい食事によって肝臓に負担をかけるのを減らしていき、バランスのいい食生活を意識して脂肪の蓄積を防ぐことが必要です。また、脂肪が増えないようにするだけでなく、減らすことも大切ですので、生活の中に適度に運動を取り入れるようにしましょう。食事の見直しと同時に脂肪肝に効くサプリメントを飲むとさらに効果的です。オルニチンやタウリンなどがおすすめです。

適度というのは、過剰でない運動、続けられる運動ということですので、一度に短期に減らそうと考えずに、継続的に自然にできる運動を増やすことで日々のエネルギー消費量を増やしていくことが重要な脂肪肝対策になっていきます。

にんにくの有効成分と病気への作用

世界各国で親しまれているにんにくは、中華料理や韓国料理、イタリア料理などでもおなじみですね。古来からにんにくが食されてきたのは、滋養強壮などが注目されるほど栄養分が豊富だからです。

 

疲労回復や夏バテ予防などにもにんにくが良いといわれ、元気に過ごせる食品と重宝されています。しかし、それだけでなく、にんにくには様々な有用成分が含まれているのです。

 

ここで、にんにくの有用成分を整理してみましょう。

●アイリン
にんにくに含まれるアミノ酸であるアイリンは、にんにくをすりおろしたり切ったりすると発生する臭いの元です。

 

●アリシン
強い殺菌作用を持つアリシンは、胃痛や胃腸炎などの病気予防によいといわれています。ただ、生のにんにくは殺菌作用が強過ぎるため、胃に負担をかけないように加熱してからの摂取をおすすめします。

 

●アリチアミン
アリシンとビタミンB1が結合して発生したのが、アリチアミンです。ビタミンB1には糖質のエネルギー代謝作用がありますが、一度に大量の糖質代謝はかないません。

 

一方、ビタミンは体内に長くとどめておくことができません。その点、アリチアミンになると、ビタミンB1よりも長く体内にとどまることができ、糖質のエネルギー代謝をよくしてくれるのです。

 

●スコルジニン
糖分との結合によって生まれるスコルジニンは、血行促進や細胞の活性化を促進してくれます。体内にとどまった老廃物や毒素の排出をサポートして、肥満防止やコレステロール値の低下、高脂血症などを予防してくれるのです。

 

●ゲルマニウム
ミネラルの一種であるゲルマニウムは、有機ゲルマニウムと無機ゲルマニウムの2つに分けられます。にんにくには有機ゲルマニウムが多く含まれ、酸素を全身にめぐらせてくれます。そのため、疲労回復や強壮の作用があるのです。

 

水溶性の有機ゲルマニウムは、血中にすっと溶け込んで体外への排出がスムーズです。安全性の高さでも、注目されています。

 

●チルアリルトリスフィド
血液の凝固を防ぐ血小板凝集抑制作用を持つチルアリルトリスフィドは、心筋梗塞や脳卒中などを予防してくれます。血液サラサラ効果があり、血のめぐりがよくなります。

 

にんにくには、様々な病気を予防したり改善する働きがあります。身体の自然治癒力を高めることから、ガン予防にもよいといわれています。

 

にんにくに含まれるアリシンとビタミンB1によって生まれるアリチアミンには、糖質のエネルギー代謝を促す働きがあります。糖質のエネルギー代謝をよくするということは、糖尿病の予防にもつながるということです。

 

血管に溜まった汚れやコレステロール、中性脂肪などを原因とするドロドロ血液から引き起こされる高血圧は、にんにくに含まれるアリシンが抑えてくれます。また、強い殺菌作用や疲労回復効果があることから、抵抗力が弱まったときにかかりやすい風邪予防にもにんにくは良いのです。

 

他にも、抗酸化作用、免疫力強化、抗炎症作用、アンチエイジング、脳卒中、動脈硬化、心筋梗塞、貧血、肥満、胃痛など、様々な病気に作用してくれるのがにんにくです。

生活習慣とニキビの関係

乱れた生活習慣を改善することで、体質からにきびができにくいようにしましょう。では、どのように生活習慣を改善していけばいいのでしょうか。

【生活習慣】

皮脂の過剰分泌がにきびの要因なので、皮脂分泌の元となる脂肪分や糖分が多い食材は控えた方がいいでしょう。とはいっても、そのような食材を一切摂らないというのはやりすぎです。

 

栄養はバランス良く摂るのが望ましいので、一定の栄養素だけを摂らないとバランスが崩れて余計に肌荒れやにきびを悪化させてしまうことにもなりかねません。ですから、摂りすぎている栄養素を見直して摂取量を控えるだけにします。

 

おすすめの栄養素はビタミンです。ビタミンには皮脂が分泌されすぎるのを防いでくれたり新陣代謝の働きを促す効果もあります。ビタミンにはたくさん種類がありますが、その中でもビタミンAとビタミンCが有効です。亜鉛にも新陣代謝を促す効果がありますが、不足しがちなので意識して摂取するようにしましょう。

【睡眠】

細胞は24時間のうちどの時間帯に成長するのでしょうか。それは人によって多少違いもありますが、普通は22時~2時の4時間だと言われます。ですから、この時間帯にきちんと睡眠をとっていれば、細胞の成長を邪魔することもなく安心です。睡眠が足りていないと肌の代謝を悪くするだけでなく免疫も低下してしまいます。

【便秘】

便秘になるという事は腸内で毒素が溜まっているという事です。通常なら便によって排出される毒素が排出されないことで、皮膚から外に出ようとします。それがにきびとなって現れている場合もあります。心当たりがある人は、食物繊維を積極的に摂って便秘を改善しましょう。

ドライアイに良い成分

食事は毎日とるものですから、目に良いとされる成分を豊富に含む食べ物をたくさん食べてドライアイに打ち勝ちましょう。

 

まず目に良い栄養とされているビタミン Aですが、目の乾燥を防ぐ効能があり、レバーや卵などにたくさん含まれていますので大いに摂取してください。

 

ただしビタミンAは脂溶性ですので、水溶性で不要分は体外に排出されるビタミンCなどとは違いますので、食べ過ぎると体が異常を感じることがありますので、その点は注意してください。

 

次にルテインという成分も目のために良いことで有名ですね。ルテインはほうれん草やいんげん豆といった緑黄色野菜にたくさん含まれています。ビタミンAと共に取るとドライアイを軽減する働きが強く出てきます。

 

ルテインはケールというパセリに似た野菜にもたくさん入っていますが、この野菜もパセリ同様苦味が強い野菜ですので、その点をふまえてその味にあった食材や調理法を考えてみてください。

 

ケールを主な成分とした青汁もあり、「う~、まずいーもう一本」というような有名なフレーズがありますが、そのように不味さを味わうような感性でドライアイ改善のため青汁も飲んでみましょう。

 

目のためばかりでなく、体全体の健康のためにもこれら体に良い食品をきちんととって行きましょう。