生活習慣とニキビの関係

乱れた生活習慣を改善することで、体質からにきびができにくいようにしましょう。では、どのように生活習慣を改善していけばいいのでしょうか。

【生活習慣】

皮脂の過剰分泌がにきびの要因なので、皮脂分泌の元となる脂肪分や糖分が多い食材は控えた方がいいでしょう。とはいっても、そのような食材を一切摂らないというのはやりすぎです。

 

栄養はバランス良く摂るのが望ましいので、一定の栄養素だけを摂らないとバランスが崩れて余計に肌荒れやにきびを悪化させてしまうことにもなりかねません。ですから、摂りすぎている栄養素を見直して摂取量を控えるだけにします。

 

おすすめの栄養素はビタミンです。ビタミンには皮脂が分泌されすぎるのを防いでくれたり新陣代謝の働きを促す効果もあります。ビタミンにはたくさん種類がありますが、その中でもビタミンAとビタミンCが有効です。亜鉛にも新陣代謝を促す効果がありますが、不足しがちなので意識して摂取するようにしましょう。

【睡眠】

細胞は24時間のうちどの時間帯に成長するのでしょうか。それは人によって多少違いもありますが、普通は22時~2時の4時間だと言われます。ですから、この時間帯にきちんと睡眠をとっていれば、細胞の成長を邪魔することもなく安心です。睡眠が足りていないと肌の代謝を悪くするだけでなく免疫も低下してしまいます。

【便秘】

便秘になるという事は腸内で毒素が溜まっているという事です。通常なら便によって排出される毒素が排出されないことで、皮膚から外に出ようとします。それがにきびとなって現れている場合もあります。心当たりがある人は、食物繊維を積極的に摂って便秘を改善しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *